一重男子RENJIのトライ&エラー

目は口ほどにモノを言う。

二重まぶたのクセ付けは蒙古ひだの内側に!

自力で二重にするための結論:二重まぶたの癖付けは、蒙古襞の内側にするべし!!!


この概念無くして、自力で二重まぶたを制することはできない。


僕が自力で二重を作ろうと立ち上がってからというもの、もう8か月が経ちます。

たくさん遠回りしましたが、やっと結論がでました。

まぶたをたるませないようにするためにもじっくりとお読み下さい。


本当に慎重にまぶたを扱ってください!!!


ナイトアイボーテの公式サイトはこちらから!




自分のまぶたを観察しよう!たるみや脂肪が多いですか?

全くクセが付かない右目、安定しない左目のまぶたに嫌気がさしていました。

ポッキーーーンと何度も何度も心は折られてきました。

でも二重を諦めらない執念のみで今日まで生きております。

でもとりあえず、いろんな人のまぶたを観察してみようとGoogle検索で「二重まぶた」と検索。


https://www.shinagawa.com/article/beauty/content155.html


https://eye-media.jp/


https://sp.skincare-univ.com/article/006618/

いろんな方の二重まぶたを見ているとある事に気付き、確信したことがあります。


僕みたいな重いまぶたのタイプの人は、蒙古ひだの内側に二重のラインを作らないとクセ付かない!ということです。


本当にいろんな人の二重まぶたを画像見て来たり、二重の人のまぶたを観察して思ったのは日本人は「末広がり二重」、蒙古ひだの内側にあるんだけど「ぱっちりした二重」の人が多いなと。


蒙古飛騨がないのは、本当に外国人の特徴なんだなと改めて実感しました。


ぼくは、本当にバカでした。。


今まで、失敗する方法で日々を過ごしていたのです。

蒙古ひだがあると、平行な二重が作れない(安定しない)理由


http://beauty-info.jp



写真①

蒙古ひだがあると二重のラインが安定しないのは、画像①に記入した矢印側に強く引っ張られるからです。


目に必要以上の力を入れないと二重をキープできない原因はそれです。


仰向けなら二重がキープできるのは、重力が二重のラインに垂直にかかるからです。


僕にとっては、なぜこんなことに早く気付かなかったのかという自責の念しかないです。


自力で二重を作ろうとしている人には、声を大にしていいです。


良く自分のまぶたを観察する

良く他人のまぶたを観察する


蒙古ひだがある人は、蒙古ひだの内側に二重のラインを作らないと失敗する確率が高い。


この点に注意して自力で二重を頑張って作っていって欲しいものです。


方法は、過去の記事をぜひ参考にしてください。
www.renji-tiger.com



この記事で言及しているのに、なぜ今更って自分でも思います。


そう、蒙古襞が強い人は、内側にする一択!

なぜ蒙古ひだの内側がいいのか。

それは、まぶたを上げようとする力を蒙古ひだの斜め下に引っ張る力に邪魔されないからです。


そのため、クセも付きやすくなるのです。


僕の場合、8か月もしていたら完全に定着していたかもしれないですね。。。トホホ。。

なので、皆さんは絶対に同じ失敗はしないでください!!

目を開けるときに、蒙古ひだの引っ張りに邪魔されないので、目がかなり開けやすくなります。

夜クセ付けするなら絶対にナイトアイボーテ!

これはナイトアイボーテ一択です。

ステマでもなんでもありません。

いろんなアイプチを使ってきましたが、ナイトアイボーテより液が乾いた状態で二重をキープする力がある商品はありません。

ナイトアイボーテを使う上でのポイントは、しっかりと乾かすことです。

まぶたを引っ付けて寝てはいけません!!!

これは絶対です。

そうしないとまぶたがたるみます。

値段を渋って他のアイプチを使って無駄な時間を使うぐらいなら、辞めておいた方がいいです。

非接着のアイプチとしてもナイトアイボーテが最強です。

以下の公式サイトも参考にしてみてください。