®️ENJIのトライ&エラー

辞めません!モテるまでは!

スキニーに飽きたら太くてカッコいいデニム「TENDER 130」を狙え!!

NIKETUという千原ジュニアとケンコバのトークバラエティを見ていて、おしゃれってその2人を足して2で割ることなんだなと思った。

このブログでは長く使える良い物を提案していきます。



スポンサーリンク


ファッションYoutuberのハズムさんが紹介している動画を見て買うことを決意しました。

TENDAR COというデニムブランド。

デザイナーは、ウィリアムスというデニムの達人です。

今では、かなりの人気商品らしく品切れ中とのことです。

ネットなどの中古販売以外では、変えない状況とは苦しい展開。

しかしこのデニムは、高い。。。

イギリスのメーカーのため商品は輸入して販売されています。

値段は、店舗によって違うようですが45000~50000円ぐらいします。

でもこのデニムはそのぐらいの価値があるのです。

調べれば調べるほど欲しくなる。

そしてずっと使えるということが分かるアイテムです。

今は、ワイドパンツが流行っています。

中途半端なワイドデニムを買って流行りを楽しむのもありですが、流行りに左右されず着れるのがこのデニムです。

僕は実際まだ買ってないんですけどね。

しかし、必ず手に入れます。

それで、ブランドストーンのサイドゴアブーツを合わせるのです。

これがすこぶるカッコよくなりますから。

スキニーに飽きてない?だったらTENDERを狙おう!

黒スキニーの汎用性は誰もが認めるもの。

でもずっと穿いていたら飽きるでしょう?

間に「太」を挟むことで、黒スキニーの良さも再認識できる。

その「太」の挟み方次第で野暮ったくも格好良くもなる。

格好良くしてくれるのがTENDAR。

TENDARのデニムは、太いから履きやすい、テーパードになっているからダサくない。

TENDAR 130の特徴は、太いんですけど裾に向かって細くなるテーパード仕様であること。

裾が細くなっているから、全体が太くてもしっかりとバランスが取れているんです。

あとTENDARの特徴は、ロールアップの幅を広くして2回行う「ダブルターンアップ」があります。

17オンスもあるデニムだからこそ成り立つ立体感のあるシルエットになります。

モードな靴とミックスするとバランスが取れる。

こういった太いデニムには、なるべくシンプルなモードよりの靴が良く合います。

デニムはカジュアルなアイテムですから、それにシンプルでモードよりな靴を履くことでいいバランスが取れます。

ホワイツのセミドレス

ブランドストーンのサイドゴアブーツ

こういった長く使えて格好いいアイテムを合わせるのがRENJI流です。

絶対購入して孫の代まで受け継がせてみませます!


スポンサーリンク