®️ENJIのトライ&エラー

辞めません!モテるまでは!

靴はいいよな〜。

各業界で伝説になる人は本当にすごいです。

お笑い界のレジェンド、志村けんさんと僕の好きな千鳥の大悟さんは最近仲良しで有名です。

好きでその業界に入ったのは間違いないと思いますが、それでいて実績を積み上げていくっていうのはどれほどの努力が必要なのか。

想像するのは難しいですが、何か一つでも胸を張って頑張っていることがあれば人生は絶対に楽しい!!

何の話だ!

靴っていいよな~って話です。

いい靴を履いて、上下の服のシルエットを間違わなければそれだけでお洒落にも見えるし、カッコいい。

洋服の中でお金をかけたいのは靴ですね。



スポンサーリンク


靴の魅力は、その完成されたシルエット

僕の場合は、スニーカーから女性用のハイヒールまで好きな靴の守備範囲が大きいです。

もちろん女性用の靴は履けませんが、デザイン的に好きな靴がたくさんあります。

女性の靴は、履こうとまでは思いませんが男性でも履けるようなデザインも中にはあるから勿体無く感じます。

靴は立体的でザインを復元しているから、履かなくてもシルエットを見ているだけで楽しい。

もちろん靴を履いていろんなところに出かけるのが醍醐味ですが。

服は、自分が着たり相手が着ているの見てほんとうのデザインやシルエットが分かります。

しかし、靴は履かなくてもそのシルエットが分かるから最高です。

履く度に成長する革靴

スニーカーには「加水分解」というソールが剥がれてボロボロになる病気があります。
それが来るまでがスニーカーの寿命です。

革靴については、手入れする度に成長して何十年と使えるのが多いです。

形あるもの、必ずそれが崩壊するときが来ます。

革靴はそんなことを気にせずに履けるタフさがあるのも魅力ですよね。

リペアをせずに何十年も使うのは大変ですが、ソール交換などを行えばそれが可能なのです!!

インテリアとしても活躍する

靴は、履かなくてもそのデザインを復元していると言いましたが、復元されたシルエットをそのままインテリアにしてもいい。

お気に入りのスニーカーや革靴が部屋にあって、いつでもその洗練されたシルエットを見れるのが最高です。

シューズラックなどを室内に置くとセレクトショップみたいな雰囲気も味わえるし、靴の管理もしやすくなるのが良き。

趣味にできる。

靴好きは、趣味にできます。

集めて良し、見て良し、使って良し!

靴好きになると全部楽しめます。

靴によっては自分好みにカスタマイズすることだってできるし、サイズ違いによる見せ方の違いも出せる。

こだわればキリがない。

だからこそ、自分だけの味を出していくのがめちゃくちゃ面白いです!

オススメの靴

スニーカー


コンバースのチャックテイラーCT70
オールスターの元祖と呼ばれる、1960~70年代のオールスターを復刻しているモデルです。
日本でも扱っているお店は少ないので、値段が高いですが履きごちやデザインは最高!
このお店の実店舗で僕は買いました!
store-hallelu.jp

関連記事
www.renji-tiger.com

革靴


レッドウィングのポストマンシューズ
ソールが特徴的な革靴。
ポストマン系のシューズの中ではシュッとしているので野暮ったくなりません。
雨でも雪でもガシガシ履けるヘビロテしまくれる一足!

女性用


https://www.fashion-press.net

昔からずっと注目している靴です。
靴底がないハイヒール「モヒール」
ジュリアン・ヘイクスという建築家がデザインした一足です。
まだ町では見かけたことがないので、この存在感を一度お目にかかりたいです。


スポンサーリンク