®️ENJIのトライ&エラー

やれば出来るを証明する

【レビュー】B&O Playの完全ワイヤレスイヤホンBeoplay E8を試したら快適すぎて普通のイヤホンに戻れないw


11月22日発売した、B&O Playのワイヤレスイヤホンを購入したので、使い心地をレビューしていきます!


スポンサーリンク


B&O PLAYとは、Bang&Olufsenというオーディオ製品などで有名なデンマークのブランドから派生して生まれたブランドです。
このブランドから2017年11月22日に発売した、左右が完全に独立したワイヤレスイヤホン「Beoplay E8」を購入しました!

i Phone7を使っているのですが、結構な頻度でイヤホンジャック変換用のライトニングケーブル(白いケーブル)が断線して音が出なくなるのです。

第1号が壊れたのでアップルストアで2号にしてから、それが1週間でダメになっちゃいましたからね。
僕の使い方の問題だと思いますが、壊れる度にアップルストアに行くのは面倒過ぎて、前々から注目していたワイヤレスイヤホンを購入することにしました。

洗練されたシンプルなデザイン。

僕のワイヤレスのイメージといえば、左右のイヤホンがケーブルで繋がっているタイプや、独立タイプでも耳からドーンと出ているタイプです。
どれもカッコいいと言える商品ではありませんでした。
でも、このB&O PlayのE8は無駄な装飾がなく非常にシンプルでカッコいいデザインです。




耳につけても、出過ぎているという訳でもなく許容範囲ですね。

ファッションの面でもスマート差が際立ちます。

付属のシリコンイヤーチップでサイズを調節して更なるフィット感を!

4シリコンイヤーチップは4つが付属しています。
更に、MサイズのComply™ Sportイヤーピースの付属しています。
このコンプライ スポーツイヤホンピースには、粘弾性があるためどんな耳にもフィットするという優れものです。
自分に合うイヤーチップで更なる快適さを!

接続方法は簡単3STEP!

イヤホンの電源を入れる→スマホのBluetoothのスイッチを入れる→スマホの画面が出たら、「Beoplay E8」をタップするだけ!

連続再生時間は最大4時間!

付属の充電ケースをフル充電しておくと、最大2回分の充電が可能です。
日々の通勤や、移動で4時間も聴き続けるというのは中々ないと思います。
ただ、夜行バスや長時間の移動が多い方との相性は悪いですね。

付けて聴いたら、素人でもわかるいい音がする奴です!

音響素人の僕でも、高音質なんだなということが分かる程です。
Bluetoothイヤホンでありがちな音飛びは、あるにはあったのですが僕は全く気にならなかったです。
通勤電車の中や人込みのある場所で試していないので、こちらは後日更新します!

左右のイヤホン同時を25cm以上離すと曲が止まる。

こちらは、イヤホンの仕様になっています。
片方のイヤホンを撮って耳から離すと25㎝ぐらい離れるので音が止まります。
しかし、また耳に戻すと曲は自動再生されました。

ワイヤレスは、有線のストレスを完全にフリーにしてくれました。

リュックを背負うときや、マスクをかけるとき、首に社員証をぶら下げるとき、アクセサリーを付けるときにコードに引っかかることが皆無になります。
ワイヤレスイヤホンなら音楽を聴きながら、充電もできますし利便性も増します。

動画を視聴するときには若干遅延する。

これは、無線でデータを飛ばすので仕方のないことだと思いますが若干ありました。
意識すると口の動きと若干ズレていることがわかりました。
これはメーカーごとにズレの大きさも違うようです。
僕はYouTubeで良く動画を見るのですが、慣れられるぐらいの遅延でした。
場所によってはズレてないんじゃない?と思うこともあったので、こちらも使い込んでみてまた更新しますね。
今の僕の感覚では、動画の最初はズレるけど後々一緒になっているように思います。

操作慣れは必要!

操作自体は簡単ななのですが、スムーズに接続できるまで多少の慣れは必要だと感じました。
イヤホン本体にボタンがある訳ではなく、イヤホンのロゴ部分をタップして操作するので「これで繋がった」という感覚を得るまでに少し時間がかかるかもしれません。
毎日使っているとすぐ慣れます!

スポーツには向いていないのかも?

汗や水に強い素材で作られるとのことですが、激しい動きやたくさんの汗に耐えられるとは謳われていないのでそこに特化はしていなのだと思います。
これは良く調査をして後日追記します。
ただ、軽いジョギングぐらいの体の振動でイヤホンが外れるということはなかったです。

ワイヤレスイヤホンで作業効率が上がる。

スマホをその場に置いて、隣の部屋や少し離れるぐらいでも接続が安定していたので、こちらもストレスフリーでしたね。

本体の操作でタップ操作で、曲の再生停止が可能。
曲の停止や再生も次の曲に進む場合も、イヤホンのロゴ部分をタップすることで操作可能です。

通話にも対応をしています。

無料のアプリでイコライザーを調整できる。

音響初心者の僕は、何のことだかさっぱり分かりませんでしたが音の質感を調整できる機器のことのようですね。
そのため、専用のアプリで高音や低音を自分の好みで調整できるのです。
ただ、専用のアプリがなくてもペアリング(スマホとイヤホンの接続)さえすれば問題なく聞けるのでご安心を!

ワイヤレスイヤホンで、快適な音楽生活を送ってみてはいかがでしょうか!!

スポーツに特化したイヤホンはこちら!

今発売していたら、こっちにしていたかも!めちゃめちゃおしゃれでカッコいい!12月15日発売!


スポンサーリンク