RENJIのトライ&エラー

やれば出来るを証明する

男がナイトアイボーテを使って42日目に左目だけ二重まぶたを丸一日キープできた!

どうもRENJIです。

 

ナイトアイボーテを使用した、一重まぶたからの脱却プログラムも開始から48日経ちます。

そして、先日9/24(42日目)に左目だけですが、二重まぶたを丸一日キープすることができました。



スポンサーリンク


 

全く手を触れずという訳ではないですが。
途中、目の疲れからか一重まぶたに戻りそうな時がありました。
その時は、下記のように親指でクセ付けをしていました。
f:id:renji_tiger:20170930121916g:plain

完璧ではないです。
しかし、この一歩は大きな前進となりました。


自力で二重まぶたを作る上で大事なことは、クセ付けを続けることです。

ということで、まぶたのマッサージなんしてもあんまり意味ないと思います。
まぶたに脂肪がある人でも二重まぶたの人がいますよね。
そのため、まぶたに脂肪があることが二重まぶたにならない直接的な原因ではないのです。
クセを付け続けないことが原因です。

先の細い物で、ちょっとまぶたをなぞっても意味ないと思います。

大事なことは、まぶたに深くて濃いシワを作ることなのです。

巷でいう、自力で二重まぶたの方法のほとんどが間違っていると思うんですよね。 

ちょっとしたマッサージで、二重まぶたになる人って本当にいるのか疑問です。

そういう人って初めから、ほとんど二重まぶただったんじゃないかと思います。


どんなマッサージよりも、夜のクセ付けには敵わないと思います。

何度も言います。二重まぶたに必要なのは、深〜いシワです。

二重まぶたのクセとはシワのことなのです。

まぶたが織り込まれるときにできるシワの濃さで決まります。

それができるまで、クセを付け続けられるかが、鍵なのです。
 

深〜いシワが付くまで続けられれば、二重まぶたになれると思います。

僕みたいに、ちょっとずつ印象を変えたい方には、ナイトアイボーテは本当にオススメです。


今回伝えたいことは、二重まぶたが完全に定着するまでには、いくつか段階があると思っています。


その第一段階。

 

仰向けになって、二重まぶたをキープすることができるか

f:id:renji_tiger:20170930115858g:plain
 

まずは、この仰向けになった状態で二重まぶたをキープできるようになることが重要です。

ナイトアイボーテを取り、ベットで仰向けになり鏡やインカメラで自分の目を確認しながら瞬しています。 

2日前ぐらいから、仰向け時に右目も二重まぶたをキープできるようになりました。(上記Gif画像のように)

正面向くとダメですが。

この状態を少しでも維持できれば、クセが付いてる証拠です。

毎日行っていると、だんだんと二重まぶたをキープできる時間が長くなります。

この時間が長くなると、仰向けではなく正面を向いた状態でも二重まぶたをキープできるようになります。


まずは、この段階を目標にすることでモチベーションの維持に繋げます。

 

まずは、片目だけ二重まぶたに

人によると思いますが、二重まぶたの定着率が両目で全然違います。

僕の場合は、左目が二重まぶたになりやすい傾向にありました。

理由は、花粉症の時期に左目だけ二重まぶたになることがあったからだと思います。

とは言っても、左目も完全に一重まぶたですけど。 

両目一気に二重にならなくても片方ずつ仕上げていけばいいと思います。

そっちの方が自然です。

両目が二重になるまでの間は変ですが、進化の途中は醜いものです。 

気にせずに行きましょう!



スポンサーリンク