RENJIのトライ&エラー

やれば出来るを証明する

鉄棒があれば何でもできる!オススメの筋トレ方法!

どうもRENJIです。

筋トレを始めようと思ったときに、何か一つだけ選んで紹介するなら、僕は間違いなく鉄棒使った筋トレをオススメします!

 


スポンサーリンク


鉄棒と言ったら王道の懸垂ですよね。


懸垂は、鍛えにくい背中を含めて上半身を隈なくトレーニングできる最高の筋トレです。
 

懸垂をするには、鉄棒などぶら下がれる場所が必要ですよね?
 

そのため、これは鉄棒やぶら下がれる場所を用意できる人向けです!
 

懸垂は、苦しいけどやりがいに満ちた筋トレです。
 

鉄棒やぶら下がれる場所があれば腹筋も鍛えられるし、握力も鍛えられる、背中も鍛えられる。
 

懸垂は、自重を全て使える筋トレなのです。
 

まずはぶら下がり方をお伝えします。

懸垂を行うときには、鉄棒を順手で持って下さい!


手の甲を上にした普通の持ち方です。
f:id:renji_tiger:20170921222652j:plain
 
こういう形ですね。

 
そして、懸垂を行うときは、顎を鉄棒よりも上げて1回とします。


肘は全て伸ばしきって行うといいです。


反動は使わない方がいいです。

 
そして、懸垂を行うポイントは背中を使って上げることです!
 

肩甲骨をぐっと寄せるように引いて、胸を前に出すイメージで力を入れます。

 
そうすると、腕の力だけなく全身に力が入るようになるのです。


そのまま、腕の支えを使って顎を鉄棒の上に乗せるイメージで上げればいいのです。
 

背中に力を入れて上げるイメージですね。


腕の力を必要以上に使うとぶら下れる時間が短くなるので、回数を行うことも出来ないので効率が悪いです。


腕の力と背中の力の割合は、2:8のイメージです。


あくまでも、腕は体を支えるだけのものです


背中で懸垂できるイメージができれば、かなり楽になりますし、回数も伸びます。


続いて、鉄棒を使った足上げ腹筋です。


これも、普段鍛えにくい腹筋の下部を鍛えられるのです。


これに慣れてきたら、太ももを90度あげて左右に捻れば最高な腹筋ができます。


難易度は少し高めですが、めちゃくちゃ効きます。


ジムに行かなくても鉄棒があればなんでもできます。


近くにないって方でも、ぶら下がれる場所があれば何でもいいです。


少し走って公園に行くのもいいですね!

 
鉄棒は本当にオススメです!

 
これを3日に1回ぐらいして、ちゃんとした懸垂が20回ぐらいできるようになると逆三角形のカッコいい体になると思います。

 
それすらもできるようになれば、鉄棒を胸に付ける懸垂に移行してもいいですね!


あえて腕だけで懸垂するのもいいですね。


ダンベル代わりにもなります。

 
鉄棒は、本当に何にでもなる万能アイテムです。


鉄棒があれば何でもできる!


鉄棒とぜひ友達になりましょう!


鉄棒を使った筋トレをすれば、上半身が逆三角形になる見栄えのいい体になります。


自宅で、腕立てや腹筋できない人は走るついでに近くの公園に行って、懸垂をしてみて下さい。


最初は全然できないと思います。
 

しかし何度もやると、自然とできるようになります!


できるようになると、体が変わってきます。

 
めちゃくちゃできるようになると、重りをつけて行うのもいいですね!


こうすると、鉄棒を使って行う筋トレに無限の可能性が広がりすぎて半端ないです。


体を痛め付けた筋トレの後は、牛乳で溶いたプロテインがオススメです!


僕は、ザバスのココア味を飲んでいます。


ビールよりもプロテインでしょ!!!


スポンサーリンク