RENJIのトライ&エラー

やれば出来るを証明する

男がナイトアイボーテを使ってみた。37日目【一重まぶたからの脱却】

どうもRENJIです。

一重まぶたからの脱却プロジェクト37日目の現在地を報告します。

大事なのは続けることです。



スポンサーリンク


www.renji-tiger.com
こちらが19日目の記録です。

37日間続けてみた感想

率直な感想は、もう37日も経っているのかって感じですね。
最近は、二重まぶたが定着してきているという実感があります。
それは、初日と比べると二重をキープできる時間がかなり増えてきたからですね。
自宅で過ごすのであれば、左目だけは1日二重まぶたをキープできるような状態です。
外出するとやっぱり無理ですが。

初めてナイトアイボーテをしてから37日間経ちましたが、経過としては順調です。
右目が中々定着してくれませんが、それでも初日に比べると、瞬きをして二重まぶたをキープできる回数が増えています。

この調子で引き続き頑張ります。

反省点は2つ。

1つ目は、サボってしまった日が4日間もあったこと

睡魔に打ち勝つのはとても大変なことです。。
まだまだ情熱が足りてない証拠ですね。
対策としては、意識するしかないのですが、、
寝る着前ではなく、寝る1時間前にナイトアイボーテをするように意識します。

2つ目は、寝ている間にナイトアイボーテが取れてしまっていたこと

37日間の中で10日以上は朝起きると、片目か両目とも取れていることがありました。
どれだけ夜に二重まぶたをキープしてシワを定着させるかが重要なのに、途中で取れるとか勿体ないですよね。
そこで対策として、使用したのが絆創膏です。


これが画期的でした。
まぶたとまぶたがナイトアイボーテでくっ付いてる境目に、サイズを調整した絆創膏を貼るだけです。
これで、ほぼ朝起きてもナイトアイボーテが取れることはなくなりました。
注意が必要なのでは、朝に絆創膏をはがすときです。
お湯ではがれやすいようにしないと、かなり痛いです。
シャワーをまぶたに当てながらが、ゆっくりと剥がすのがいいと思います。

続けて行くと、二重になりそうかどうか?


結論からいうとなると思います。
ただし、時間とお金と情熱が必要です。

f:id:renji_tiger:20170902181543j:plain
こちらが6日目です。

f:id:renji_tiger:20170902183720j:plain
こちらが15日目です。


こちらが37日目です。

左目に関しては、日に日に二重まぶたをキープできる時間が長くなっています。
右目に関しては、まだまだですね。
二重まぶたが定着するのに、左目の倍の期間はかかると思いますが信じてコツコツやっていきます。

1ヵ月でこのぐらいなので、時間をかけていけばおそらく定着していくものと思われます。

ナイトアイボーテのいいところ

一番の魅力は、整形のように急な変化ではなく、徐々に印象を変えていけるところだと思っています。
整形の方が手っ取り早いけど、ダウンタイムが取れない人がほとんどですよね。
失敗のリスクもありますし。
他には、二重の幅を自分で調節できるところも魅力ですね。

ナイトアイボーテを使う上で覚悟すること

ずばりは、お金と時間がかかることです。
僕みたいに徐々に印象を変えたい、少しだけ印象を変えたいという人にはお勧めだと思います。
早さを求めるのであれば、こちらの商品は適しているとは言えないのが現実ですね。
あくまで僕個人の感想ですが。
二重の幅の広さと、シワが定着する時間は比例すると思います。
二重の幅を大きく取るとその分、皮膚も厚くなるからですね。
時間がかかれば、その分お金もかかります。
その点は、覚悟しておいた方がいいかもしれませんね!

まとめ

・ナイトアイボーテが朝取れる人は、絆創膏がおすすめ
・ナイトアイボーテで二重まぶたを作るには、時間とお金と情熱と必要
・二重の幅を広げるほど、シワが定着するまでの時間がかかる


両目の二重が定着するのはだいたい1年ぐらいかかるかもしれないですね。
費用は、30000円超えるかどうかっていうところだと予想しています。
時間が経つにつれてナイトアイボーテを使う頻度も減ってくると思うので前後すると思いますが。
では、また不定期に更新します!


スポンサーリンク