RENJIのトライ&エラー

やれば出来るを証明する

【音痴からの脱却】覚えるのは歌詞だけではだめ!リズムを覚えるのも大事!

僕は、友達とカラオケに行くのが夢です。

そして、女の子とカラオケに行って盛り上がるのも夢です。

3月末から取り組み始めた、人見知りRENJIの音痴脱却プログラム。




スポンサーリンク


ボイトレには恥ずかしいから行きかない。

ひとりカラオケのみで上達すること。

教材には、youtubeとブログとサイトを使用。

この3つを軸に頑張っています。

最初は、60点台だったのが今では調子がよければ86点台を出すことができるまでに成長しました。

成長スピードは亀並ですが、一歩づつ確実に前へ進めていると思います。

23回目のひとりボイトレで、重要だと思ったのは リズムです。

リズムって超重要だと認識させられました。

歌なんて音程が合っているかどうかだけでしょ!って思ってたけど、実際は違いました。

大事なのは、音程だけじゃなかったのです。

なんならリズムが正確になると音程も良くなることも実感しました。

歌好きな人なら、何当たり前なことを言ってるの?と思うかもしれませんが、僕にとっては、すごい発見でした。

リズムを意識しないで歌った曲を録音して聴いてみると、チグハグ感がすごいのです。

流れるメロディと歌が一体化出来ていないので、聴くに耐えない曲が出来上がってしまうのです。

周りで聴いてる人も、苦痛な時間でしょう。

自分のリズム感のクセがすごいことが分かりました。

音が高いとか低いとかじゃないんですよね。

曲のリズムを意識していないと、チグハグなリズムの歌になるんだという発見を踏まえて、リズムを意識して曲を聴き直しました。

その状態で歌ってみると、自分の歌がメロディにガッチリ合うところが増えたのです。

曲のリズムをしっかり覚えることで、どこで抑揚をつければいいのかも分かってくるのです。

そればかりか、その曲に合った息の配分も分かるようになります。

完璧ではありませんが、以前よりも上達したと感じられるのです。

リズムを意識するだけでこんなにも違うのか!!!と驚愕しましたね。

今迄は、アーティストが歌う歌しか聴き込んでいませんでした。

今は、ドラムやギターなどのメロディに注目して聴いています。

だってそうですよね。

カラオケでは、ガイドボーカルを付けて歌う訳にはいかないですから。

曲調や歌詞を大体覚えたら、あとは曲のリズムやテンポ、メロディを徹底的に叩き込むことが大事だと感じます。

ドラムの音やギターやベースの音を注意深く聴くのです。

僕のイメージでは、歌の後ろ側の音楽を聴く感じですね。

まだまだ発展途上ですが、音痴から脱却できることを証明します。

音痴は苦しい!

音痴って苦しいんですよ。

好きな曲を聞いて歌おうとしても全く違う曲になるから気持ち悪いんですよ。

喉に力が入って、高い声も出ないし。

音痴は直ると言われていましたがずっと嘘だと思っていましたね。

才能だと思っていました。

でも、最近は努力でどうにかなるかもって思ってきました。

歌が上手くなれば自信が付きます!

その付いた自信で、今迄勇気が出なくて手が出来なかったことが出来るかもしれません。

苦しみ続けた先に、歌が上手くなるための発見が必ずあります。


スポンサーリンク